山梨県道志村にある養老の森 養老孟司 昆虫の森

森ブログ

2021年12月14日

2021年度 養老の森年次総会開催!

森の道を歩いていると所々で雪虫を見かける養老の森。 そろそろ雪のチラつく時期になりました。   コロナ禍で思うように活動のできなかった2021年でしたが、 11月22日に相模原市橋本において「2021年養老の森年次総会」を 開催しました。     当日は、新しく実行委員に加わって … 【続きを読む】

2021年12月01日

養老の森 秋から冬へ

紅葉が美しいと思っていたら、あっという間に冬の景観に変わってしまった養老の森。  ケヤキ  ミズナラ  ネムノキ ケヤキは青空に向かって葉を落とした枝をひろげ、ミズナラは黄葉から落葉、ネムノキはまだ緑の葉を残していましたが、種が目立っています。  ナツアカネ こんな季節でもよく見られるアカトンボの仲 … 【続きを読む】

2021年11月10日

10月の森ワーク

養老の森は既に晩秋。 養老の森の大モミジも色づき、全体に秋の深まりを感じさせています。 毎月ほぼ月末に開催される森づくりワークが10月は2週に亘って行われました。   1週目は2名の女性に参加していただき、 ススキの原の刈り払いを行いました。 クヌギや松の周辺をきれいにし、歩き易くなるようにしました … 【続きを読む】

2021年10月04日

森の仕事のこと

9月18日㈯は、養老の森に武蔵野美術大学の学生を迎えて、 道志村や養老の森における森づくりの話しと 養老の森の間伐材を使った木工ワークを行いました。 天気が良ければ養老の森で 森づくりの為の山仕事になる予定でしたが、 当日は雨になってしまったので、 あらかじめ準備しておいた座学を学生さんには受講して … 【続きを読む】

2021年08月22日

変わらず森ワーク

この2年の間、大雨、コロナと人の暮らしが大きく揺さぶられ、 自然を侮る事の脅威を身に染みて感じています。 自然との関係は一方的に恩恵を受けるだけでなく、 互いに節度ある関係の連続が望ましいですね。 コロナ禍に象徴される自然脅威の環境下ですが、 コロナウイルスに対しては対策を行いつつ 森の手入れを行う … 【続きを読む】

2021年08月02日

夏 養老の森

梅雨が明けてからというもの、暑い日が続いています。 新型コロナウイルスの猛威により、春からのイベントはすべて中止となっていますが、養老の森をはじめ道志村での昆虫調査は継続して実施しています。 そんなある日の記録の一部を紹介します。 茅葺古民家を出発してすぐ目に入ったのが、ミズナラの樹液に頭を突っ込ん … 【続きを読む】

1 3 4 5 6 7 29
ページ最上部